So-net無料ブログ作成

Garage KAGOTANI FD3S Ultimate [Circuit]



パワーアップというより壊れないための選択。


20160707.JPG




nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

☆

おっさん本気だな卍
by ☆ (2016-07-08 00:27) 

ドクター和田


オーナーカーだと、しょっちゅうオーバーホールとかできないので、
耐久性を考慮してもう少しパワーアップするには、
ローブーストで排気量アップするしかないだろうという結論になりました。



by ドクター和田 (2016-07-08 07:41) 

栗坊

えー。控え目で800位期待してますw
by 栗坊 (2016-07-08 19:50) 

ドクター和田


雨宮のWTAC仕様でも750なので、
プライベーターでは650以上は避けたほうが現実的だと思います。

ロータリーはエンジンパーツ自体が、
25年以上全く進歩していないので、
現代のレシプロエンジンと比較すると、
パワーも耐久性もどうにもならないですね・・・。



by ドクター和田 (2016-07-08 21:24) 

K&K

3ローターですか、これは、すごいのできちゃいそうですね!
by K&K (2016-07-10 13:59) 

ドクター和田


K&Kさん

コメントありがとうございます。
ホントこのBLOGは、マニアな凄い方ばかりが見てるんですね・・・。


3 rotorですが耐久性が主な目的で、
重量は重くなるのでデメリットもあります。

2 rotorでは500~550馬力以上を常用すると、
極端に耐久性が落ちるため、
エンジンブローを繰り返し車両セッティングがすすみません。


今回は、550~600馬力を安定的に出すための選択です。
600馬力では現代のレシプロについていけませんが、
セッティングを詰めて、何とか食いついていければと思います。



by ドクター和田 (2016-07-11 07:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。