So-net無料ブログ作成

シートベルト [Circuit]



20150727-01.jpg

20150727-02.jpg


☆さん>

こんな感じです。
ステー装着後に、内装のキャップは取り付け可能ですか?


本庄サーキット 86 2.7K動画テスト [Circuit]

4Kが超広角なので、2.7K中間視野角の動画撮影テストに行ってきました。





この動画は、you tubeでは4K画質が選択できますが、
2.7K画質を4Kに編集していますので、
4Kを選択しても画質は2.7Kです。



4Kの超広角より2.7K中間視野角の方が、
コースがよく見える気がします。
やはり車載動画は中間視野角が良さそうです。
ただ、4Kでも中間視野角が選択できればベストだと思いますが。


86オートマターボ
T518ブースト0.5
ZII☆2013

今回は気温30℃で、2周連続46.0秒でした。
全く同じ仕様で1月に走った時は45.1秒でしたので、
ミニサーキットでも真夏は1秒近く遅くなりますね。


バネレートが全然柔らかいみたいで、
ショック減衰を変更しても、ほとんどタイムが変わりません。

86はこれ以上チューニングしないつもりでしたが、
動きがどうにもならないので、次までにレート変更しないと。



本庄サーキット 86 [Circuit]


20150721-01.JPG


朝9時で30℃って・・・・・。

2本走って10時に撤収開始。
屋外に居続けると、とても健康に悪いと思われます・・・。
直射日光を浴びるだけで体力を消耗します。



帰ってきて、時間があるうちにとりあえずエア抜き。

20150721-02.JPG



でも、昼の時点で倉庫内でも危険です。
エア抜きだけで、滝のように汗が流れます。

20150721-03.JPG


都心が発生する熱のせいで、3℃は暑くなってますな。




本庄サーキット GK FD3S Street

GoPro 4K動画の撮影テストと、バネレートチェックのため本庄に行ってきました。

距離は近いのに、door to doorで1時間弱と意外と時間がかかります。
30分ぐらいで行けるサーキットがあれば良いんですが。





流石4K、凄く綺麗ですね。


だけど、何でこんなに超広角なんでしょう?
4Kが凄いのは分かりますが、
車外の映像より車内の撮影面積の方が広いですね。

これなら、HDの狭角撮影の方がコースが良く映るかも知れません。

GoProの取説を確認したら、
4Kは超広角でしか撮影できないらしい・・・。

画質は落ちますが、2.7Kなら若干狭角にできるみたいなので、
車載ビデオは2.7Kの方が良いかも知れません。
次回テストしてみます。




バネレートですが、前後で0.9キロほど違うのですが、
前後入れ替えたら、予想通り減衰をほぼ中間で使用することができました。

更に、回頭性も向上、トラクションも向上し、恐らく現状でベストバランスですね。

当日の気温は33℃でしたが、
ラジアル過去ベストをあっさり更新しました。

ビデオは1周目が44.9秒、2周目が44.7秒です。
タイヤは71Rの中古。


セットがほぼ出たので、
夏の間に、フルピロとアライメントチェックですな。

これぐらい決まってくると、多分、TC2000で結構なタイムが出ます。
原則的にstreet号は、FSW、TRM、各種ミニサーキットなどを目的とした
オールマイティー仕様なので、
年間1・2回しか走らないTC2000のためにファイナル交換するのは悩みます・・・。





GK FD3S street [Circuit]



2か月ほど仕事が超忙しかったので、ほとんど触れなかったけど、
先日ようやく作業ができた。

久しぶりに前後ショックをはずしたら、ジャッキアップの順番を間違えた(笑)。

20150714.JPG



最近は、ほとんど籠谷さん任せだったけど、
street号のおかげで、色々な作業が復習できる。


Street号のサスセットが煮詰まってきたら、、
フロントショックがかなり硬く、リアショックがかなり柔らかくなった。

サスペンションレートを確認したら、
フロントサスの方がリアより50ポンド柔らかかったので、
前後サスを交換。

今までの経験からだと、
これで前後ともショック減衰の中間ぐらいが使えるようになると思う。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。