So-net無料ブログ作成
検索選択

GK FD3S Street [Street]



A050では完璧だったオフセットですが、
ラジアルでは、超微妙な感じでした。

ホイールは特注オフセットなので、
何とか入れるしかないってことで、
今回の入庫時、籠谷さんにお願いして入れてもらいました。

20150927-01.JPG

一見ほとんどアウトですが、これで大丈夫らしい。
ほんとミリ単位ですね。




あとは、FD定番のスーパーナウフルピロ。
(画像ではたいして写ってませんが・・・。タイヤ外すのが面倒でした。)

20150927-02.JPG


少なくとも最近10年以上はフルピロのFDにしか乗ってなかったので忘れてました。
フルピロにするとこんなに変わるんですね。


ハンドリング操作に対する正確性とレスポンスが段違いですね。

コーナーリングスピードが上がるわけではありませんが、
今までは、10cm単位で狙っていたらラインを、
数cm単位で狙えるようになります。

やはりサーキットをちゃんと走るには必需品ですね。


ただし、長年FDに乗った経験から、
今回、ノーマルブッシュからフルピロに変更した違いを改めて考えてみると、
ライトチューンであればノーマルブッシュも悪くないと思いました。

フルピロにしても、乗り心地は大して変わらないと思います。
ただし、路面状況をかなり正確に伝えるため、
ストリートでは、ギャップや轍でハンドリングに反応が出るので、
乗り心地が悪くなったような印象を受けるかもしれません。
また、路面変化が常にステアリングに反映されるので、
ストリートをリラックスしてドライブするには向いていないかもしれません。
ただし、サスペンションの性能が悪いと、乗り心地も悪くなりそうです。


また、ライトチューンの車両であれば、
たまのサーキット走行では、数cm単位のライン取りは必要ないと思われるので、
ノーマルブッシュの若干ファジーなラインの方が、
時々サーキットを走る方には、より快適かもしれません。


この車両のノーマルブッシュは、あまり傷んでいない印象でしたが、
フルピロにしたら、高速道路の直線巡航でも、走りが爽快になりました。
微妙なハンドリングのブレもなくなりました。

高速道路を流す程度であっても、
ハンドリングの初期のレスポンス、姿勢が決まってからの微妙なステアリング調整などは、
フルピロならではの抜群のレスポンスです。
かなり軽快なハンドリングになりますが、ギャップや轍の反応が気になる方は、
ノーマルブッシュの方が、総合的には良いかもしれません。

ストリート車両では、よりストリート向きか、よりサーキット向きか、
あとは好みもあると思いますから、一概にフルピロが良いとは言えないようです。

ただ、10年以上フルピロが当たり前だったので忘れてましたが、
サーキットメインなら、やはりフルピロは必須ですね。

そう言えば、楽しく走れるように購入したFT86ATもフルピロだった。




GK FD3S Street [Street]

各種作業を依頼していましたが、
完了したので、Garage KAGOTANIまで引き取りに行ってきました。

今回の作業は、メンテナンスが主体です。

前後キャリパーオーバーホール、フルピロ、アライメントをお願いしました。
後は、せっかくなのでブレーキローターもノーマルですが新品に交換しました。



外装系の変更点としてはボンネットダクトを装着しました。
Garage KAGOTANI FRPボンネットにReady Go Next CTAダクトを装着しました。

この組み合わせは初だと思うので、
皆さんの参考がてら、画像をアップしておきます。

20150923-01.jpg

20150923-02.jpg

20150923-03.jpg


この車両はボンピンを装着していないので、
高速域ではボンネットがバタつきますが、
帰り道の高速道路で確認すると、バタつきがかなり改善してました。
これならガムテープ目張りは必要ないですね。






籠谷さんより、

Garage KAGOTANIでも、Ready Go Next製品取扱してます。


Attack [Circuit]

Attack エントリー完了しました。

http://attack.smack-one.com/event/151123/
https://www.facebook.com/attackforjapan
https://www.facebook.com/daisuke.aoki.92372

20150907.jpg



申告タイムは控えめらしい・・・・・。

そうです、僕は控えめなんです。
さすが、古い友人はよくわかってらっしゃる。



って・・・、どんだけプレッシャーかけるんでしょう・・・。


以前の記事を見てもらえばわかりますが、
このstreet号はマイルドな仕様なんですが・・・。
肋骨とか言ってる場合じゃなくなってきました。



リンク張られると一気にPVが増えるので、
過度の期待をされないように、仕様をアップしておきます。



Garage KAGOTANI FD3S Street (平成9年式)

エンジンノーマル
純正タービンブーストアップ(ブースト0.8)
フロントパイプ(メーカー不明)
マフラー80パイ(Garage KAGOTANI)
前置きインタークーラー(Garage KAGOTANI special)
エアクリーナー(Garage KAGOTANI special)
パワーFC現車セッティング(Garage KAGOTANI)

車高調整式サスペンションキット(Garage KAGOTANI)
フルピロ(スーパーナウ)
フロントスタビリンク(スーパーナウ)
前後スタビブラケット(スーパーナウ)
ファイナル(4.1 or 4.7)
LSD(クスコ)
ノーマルミッション

ブレーキパッド(制動屋)
ブレーキホース(メーカー不明)

フロントバンパー(Garage KAGOTANI)
フロントアンダーパネル(Garage KAGOTANI)
FRPボンネット(Garage KAGOTANI)
ボンネットダクト(Ready Go Next)
GTウィング(Garage KAGOTANI)
オーバーフェンダーキット(RE雨宮GT-ADキット1)
フィックスライトキット(Auto Craft Evolution)
カーボンスカッフプレート

Wheel TWS T66-F(CCE original spec)Front 10.5J、Rear 11J
Tire BS 71R Front 295/30-18、Rear 295/30-18

ステアリング(Sparco)
6点式ハーネス(Sabelt)
シート(RECARO RS-GS)
シフトノブ(中島製作所)
追加メーター(pivot)


記載事項以外は全てノーマルです。
軽量化も一切していません。FRPエアロパーツぐらいですね。

Street仕様なので見た目重視でエアロは入ってますが、
車両性能的なチューニングとしてはマイルドなライトチューンだと思います。


最高速180キロ出るかどうかなんで、
車両スペック的に0秒は結構きついと思うんですが・・・。


でも・・・、0秒入ったら050で・・・・・。
いかんいかん、いつもの悪い癖が。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。