So-net無料ブログ作成

エボミ Rd.2 [Circuit]

キャンセル等での変更はありえるけど、
とりあえず下に15台いるので、エボミ予選落ちはギリセーフな感じ。

http://www.be-circuit.com/20160213entrylist.html



各車両のタイムを見ていると、
分切りとかで喜べる時代でなくなってる気がする。


チューニングカーはオーナードライブで楽しむことが原点。
自分が楽しめるかが一番大事。
Street号はコンセプトを変えず、分切りを目標に頑張ってみよう。





20160116 エボミRd.1 Grooving走行会 [Circuit]

エボミ参加は予選落ちしましたが、走ってきました。


Street号はマイルドな仕様なのでラジアル1秒台は厳しいかと思いましたが、
昨年の12月に、1秒8とギリギリですが目標達成。

次の目標として、ラジアル0秒台を目指すか、
Sタイヤで59秒を目指すかですが・・・。



全国的にFDマニアは沢山いますが、
最もアホな部類にチャレンジすることにしました。


    テーマ
「サードカーで分切り」


FDは3台所有ですが、
シェイクダウンが近くなってきたFD3S Ultimateはラジアルでも分切りするでしょう。

ブログトップ画像の青色FD、FD3S Circuitは、
2012年3月27日にベストタイム57秒824を記録しています。


ライトチューンストリート仕様のサードカーで
分切りするほどアホなFD乗りはいないと思われ、
チャレンジしてみることにしました。



20160121-02.jpg


ストリート仕様なので自走が基本。
ですが、今回はA050での分切りが目標なのでタイヤは車内に積みました。
また、一発で決めようと考えていたので発電機も載せました。

A050の295を4本と発電機が載っている画像だけでも笑えると思いますが、
意外とFDって積載できることに、今更びっくりです。



で、ウォーマーかけての1本目ですが、
0秒6、0秒5と見事に失敗しました。

想定より0.2~0.3以上もエアが上がってしまうという問題が発生しました。
しょうがない、これも経験ですね。

エア設定がずれたとはいえ、あと0.5秒縮めるのは相当大変そうです。



2本目はラジアルで走る予定でしたが、
目標達成には程遠い感じなので、
急遽2本目もA050で走ることにしました。


2本目はウォーマーなしで走りましたが、
今度は想定よりエアが上がらず、0.1~0.15低い状態でのアタックとなりました。

20160121-01.jpg

ベストは1分0秒493。
最高速が180キロであることを考慮すると、まずまずだと思います。
しかし、残念ながら目標には遠く及びませんでした。
セットもほとんど出てしまっている感じなので、
2本目を走っても、0.5秒を削るアイデアも浮かびませんでした。



現在の仕様です。

Garage KAGOTANI FD3S Street (平成9年式)

エンジンノーマル
純正タービンブーストアップ(ブースト0.8~0.9)
フロントパイプ(メーカー不明)
マフラー80パイ(Garage KAGOTANI)
前置きインタークーラー(Garage KAGOTANI special)
エアクリーナー(Garage KAGOTANI special)
パワーFC+F-con V Pro現車セッティング(Garage KAGOTANI)
EVC6-IR

車高調整式サスペンションキット(Garage KAGOTANI)
フルピロ(スーパーナウ)
フロントスタビリンク(スーパーナウ)
前後スタビブラケット(スーパーナウ)
ファイナル(4.7)
LSD(ノーマルトルセン)
ノーマルミッション

ブレーキパッド(制動屋)
ブレーキホース(メーカー不明)

フロントバンパー(Garage KAGOTANI)
フロントアンダーパネル(Garage KAGOTANI)
FRPボンネット(Garage KAGOTANI)
ボンネットダクト(Ready Go Next)
GTウィング(Garage KAGOTANI)
オーバーフェンダーキット(RE雨宮GT-ADキット1)
フィックスライトキット(Auto Craft Evolution)
カーボンスカッフプレート

Wheel TWS T66-F(CCE original spec)Front 10.5J、Rear 11J
Tire 71R/A050GS Front 295/30-18、Rear 295/30-18

ステアリング(Sparco)
6点式ハーネス(Sabelt)
シート(RECARO RS-GS)
シフトノブ(中島製作所)
追加メーター(pivot)



フルエアロは入ってますが、チューニング内容としては
一般的なブーストアップ仕様です。
内装や快適装備は全て付いています。
軽量化はエアロパーツのみで、ボディー補強もありません。
車重は1250キロです。

20160121-03.jpg


ブースト0.8なら、各部品の消耗も穏やかなので、
できるだけ現状のまま59秒を狙いたいと思いますが、
セッティングはほとんど出ていると思われるので、
あと0.5秒をどうやって削るか、非常に難しいです。


ブーストを1.0~1.1に上げれば手っ取り早いと思いますが、
とりあえず、このままもう1回エボミでチャレンジしてみます。







キルスイッチ [Circuit]


マイナス外すのが面倒なので、
86にキルスイッチを取り付けました。

20160119.jpg


大手工具専門店で400円か500円ぐらいだったと思います。

10日で壊れました・・・。


サーキット走行中に外れたらシャレにならないんで、
作りが良さそうなのを探しました。
楽天だと500円~1500円ぐらいで色々ありますが、
壊れたものと同じですね。


作りが良さそうなオプティマとCUSCOを発見。
CUSCOはネット通販だと購入しにくいのでオプティマにしました。



本日の積雪


朝の時点で10cmぐらいでしょうか。

20160118.jpg


数年前の豪雪を経験したので、
これぐらいでは、何てことはないですね。

いつも通りに出勤できました。


20160116 エボミ Rd.1 [Circuit]


エボミは上のクラスでしか走行したことはありませんが、
今回はstreet号なので、人生初の通称「ヘボミ」枠です。


と思っていたら違った・・・(汗)。


エボミにエントリーしたのに、
ヘボミにすら参加できていなかった。


2クラスは、Grooving走行会だったんですね・・・。



FSW 86 動画 [Circuit]

アクセル床まで踏んでるけど加速しませんね・・・。

http://minkara.carview.co.jp/en/userid/2485075/blog/37122947/

オートマではありますが、ターボがついているのに、
最高速がロードスターと20キロしか変わらないのは、
だいぶ悲しいですね。





オートマはシフトダウンがマニュアルと同じタイミングでできないので、
ターンインの最後でアンダーになります。

TC2000やTRM、本庄では、タイミングを見計らってごまかせる場合も多いですが、
FSWではギア比の関係から、ターンイン最後で本当にシフトダウンしずらいです。
ホント最後が曲げずらい・・・、というか曲がらない。
みんなどうやってるんだろう・・・。


ダンロップだけはシフトダウンできるので、
他のコーナーより曲がりすぎて、縁石に乗りすぎたりします。
FSWの縁石って優しさが足りないところが多いですよね・・・。





86とかでS4走ると・・・。

ガラガラのメインストレートなのに、
ミラーすれすれですよ。

インタープロトとかもそうですけどね。



FSW 86 [Circuit]


現状で1秒台に入れば少し先が見えるので、
年明け早々、しつこく行ってきました。

20160105.jpg


前回は気温14℃でしたが、
今回もほぼ同様の12℃。

最高速は変わらず212キロ。
ラップタイムも変わらず2分2秒。
タイヤは2年前Z2☆。

頑張れば、現状で1秒台に入るかもしれないけど、
気温が10℃下がって、新品タイヤでも2分は切れない気がする。

とりあえず、フロントバネを少しだけ硬くして、
現状の仕様でもう少し粘ってみよう。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。