So-net無料ブログ作成

PROPEL [Bicycle]

1000キロ弱走ってみました。


20141019.jpg


雑誌の記事に反して、ネットではエアロ形状でも大して変わらないような書き込みが多いですが、
個人的なホビーライダーの意見としては、エアロ効果は結構あると思いました。

最初は、何かアベレージが速いなぐらいでしたが、
データを確認しても、やっぱりちょっと速いみたいです。


ピナレロFP3+EASTON EA90TTでは、
30キロ巡航時のHRは、だいたい160でした。

PROPEL+FULCRUM RED WINDでは、
30キロ巡航時のHRが、145~150ぐらいです。

計算上7~10%のパワーセーブができているわけですが、
車に例えると、直線区間では7~10%パワーアップするような感じです。
何か速いなっていう感覚は、結構あっているんだと思います。
(ただし、HRはbaseが0ではなく80~90程度ですから、
実際は7~10%ではないと思います。)

FP3+EA90TTとPROPEL advanced 3+RED WINDは、
50万円前後と総額が結構近いことを考慮すると、
フレームの方向性が違うとはいえ、
自転車メーカーの5年間の進歩が現れている気がします。

HRを基準にすると、今回の比較では結局1~2キロ程度しか速くならないわけなので、
ネットの、大して変わらないという書き込みも理解できます。
筑波のストレート区間で、
スクランブルブーストとかで10%パワーアップしたとすると、
恐らく、筑波のラップタイムは0コンマ数秒速くなると思います。

自転車乗りからすると、1周0.数秒速くなってもまるで意味がわからないのと同じで、
車乗りからすると、自転車の巡航速度が30キロから31キロになっても
全く意味がわからないのは、面白い比較だと思いました。

所詮、一般人からすると、どちらも大して意味が無いですね(笑)。


ただし、ストップandゴーの市街地区間を含む40~50キロのコースを、
キャットアイステルスのGPSでロガーをとると、
平均速度は4~5%程度しか変わりません。

つまり、巡航区間はエアロ効果で相当のパワーセーブができているようですが、
市街地区間では、大して変わっていない可能性が高いと思います。
ストップandゴーの区間では、総重量に依存すると思いますので、
FP3とPROPEL advanced 3では、あまり差が無いと思います。




HR150で30キロ巡航っていうのは、
ぼちぼち中級者って考えてもよいのだろうか。
新車購入が最大の要因だけど・・・。



PROPELのおかげで体も絞れてきたので、
とりあえず、来月のamuse筑波で車の感覚も取り戻さないと。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

CC

訳わかめ。。。
by CC (2014-10-20 19:37) 

GLOW

僕も。。。
とりあえずアミューズに参加することだけは
分かりました(笑)
by GLOW (2014-10-21 00:46) 

ドクター和田


わかりやすく言うと、
2014-15年モデルでは295を1セットの金額で凄い自転車が買えて、
2セットの金額では、レースに出れちゃうレベルの自転車になります。

チューニングカー乗りは高齢化が進んでおりますので(笑)、
健康維持のためにも皆さんも一緒にどうですか?

タイヤ代ぐらいで、凄いの買えちゃいますよ♪


by ドクター和田 (2014-10-21 14:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0